糖尿病体験談 このブログの目的

自分でできる郵送検診申込セット 糖尿病
病院に行く時間の無い方に

糖尿病は甘く見ると怖い。最初は5〜7年くらい何の症状も無いこともあるけど後から取り返しがつかないことになります。失明、人工透析、足の壊疽・壊死・切断、梗塞など。
そしてじわじわ苦しんで死ぬのです。でも糖尿病と言われてすぐに血糖コントロールしたら大丈夫な事も多いです。

2010年05月08日

糖尿病で薬物治療していると献血出来ない

5/6に日赤病院にいったついでに天神のイムズでフェレットちゃんをみようと思ったら、赤十字社が献血してくれませんか?と頑張っていたので、私もちょっとくらい役立てないかと、聞いてみたら、食事療法だけなら出来たんですけど・・・。と丁寧にお断りされました。

予想はしていたけどちょっと残念な出来事でした。

せめてこのブログで糖尿病がまじ怖いと言う事を知ってくれる人が1人でも増えたらなと思う。

左眼は4/1に手術して今日5/8だけどまだ疲れると薄暗い留置場か、トンネルの中、三丁目の夕日状態です。0.1でも失明より遥かにいいけどね。
タグ:糖尿病 献血
posted by いくみ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病体験談 気がついた事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

退院して3日で1kg増えた・・・

九大病院の南11階から退院してとくに食べ過ぎてないのに3日で1kg増えた。

病院のいごこちは良かったとはいえ、やっぱり自宅の方が落ちつくのかも。

少なくとも、同室にためいきばかりついているおじいちゃんがいないのはいいかも、

また少しずつ運動して体重を長い時間かけて減らそう。激しい運動をするとまた眼が悪化するのでそろっとやります。

あおむけに寝ていてもうつぶせでも運動は出来るしね。
タグ:退院 体重
posted by いくみ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病体験談 気がついた事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

尿に糖がものすごく出ても、なかなかアリは寄ってこない。

糖尿病になって甘い尿が出たら、アリがよってくるかなと思ったけど滅多にアリは寄ってこない。

一度だけ尿糖が4+(かなり糖が出ていて悪い)の時に自分の小便をなめてみたけど別に甘みを感じる程で歯無かった。

だが、しかし、一度だけトイレにアリがたかっていた事がある。どれだけ多くの糖分が尿から出ていたのだろうかとおそろしくなった。
タグ:糖尿病
posted by いくみ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病体験談 気がついた事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

運動のために歩いていると

糖尿病の治療と気分転換を兼ねて、家の近所一周1.1kmを歩いていると深夜以外は必ず、他の糖尿病患者とすれ違う。

あんまり若い人は居なくて40〜60代くらいの人が多いが、今朝も3組とすれ違った。私と同じ方向で歩いている人とはすれ違う事はないのでもっと多かったかもしれない。

日本の人口のうち10人に1人は糖尿病か、糖尿病予備軍なのでたくさんの糖尿病で運動療法している人とすれ違うのは当たり前かもしれない。

しかし、久しぶりに歩くと疲れた。毎日、歩かないとダメだな。失明も人工透析もごめんだし。
posted by いくみ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病体験談 気がついた事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。