糖尿病体験談 このブログの目的

自分でできる郵送検診申込セット 糖尿病
病院に行く時間の無い方に

糖尿病は甘く見ると怖い。最初は5〜7年くらい何の症状も無いこともあるけど後から取り返しがつかないことになります。失明、人工透析、足の壊疽・壊死・切断、梗塞など。
そしてじわじわ苦しんで死ぬのです。でも糖尿病と言われてすぐに血糖コントロールしたら大丈夫な事も多いです。

2010年07月18日

7/20からの入院はなんとか回避(^^)

6/16に右眼から出血して、手術後の一時的なもののはずがなかなか止まらず、7/14の診察結果次第では九大病院に7/20から入院するはずだったけどなんとか7/12ごろから出血が引いてきました。おかげさまで7/16ごろからだいぶ見える様になりました。

7/2に、眼の中をかんりゅう水というもので洗ってもらって、アバスチン注射というものをしてもらったけど4、5日しても全く効かなかった。それで仕方なく、症状を細かく分けて、眼圧は下がった。右眼の出血は土曜日には止まって、月曜日にはすこしずつ見える様になると治る確信は無かったけど、口に出して言っててたらなんとか治りました(^^)

7/20からするかも知れなかった入院では、普通の硝子体手術ではできないところに新生血管が出来て出血していたのでシリコンオイルを入れてすこしでも出血を抑える予定でした。で、シリコンオイル入れたら抜く手術も必要なので、夏に入院、冬にまた入院になってしまうところでした。

あと数年は眼からいつ出血してもおかしく無い状況が続くけど血糖コントロール頑張ります。
posted by いくみ at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 糖尿病体験談 症状 眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかった(^_^)しばらく更新なかったので、心配で食事の方を見て安心していたところでした。
食事療法頑張ってください。
本当、ご近所さんなのでいつかお会い出来るとよいですねo(^-^)o私、フェレの前というか、再婚するまではウサ飼いで、ウサは去年亡くなったのですが、イケメンO先生には何度かお世話になりました。
Posted by けい at 2010年07月20日 21:56
けいさん、こんばんは(^^)

糖尿病を長い事放置していたので、血糖コントロールしてもなかなか良くならないけどがんばります!

ウサちゃんは去年だったんですね。うちの剣四郎、フェレット・アルビノも去年の8月でした。私自身も危なかったけど、なんとか生きられていて良かったです。

ご近所さんみたいですね。いつかお会い出来るといいですね。なんならだんなさんともフェレちゃんとも。

O先生も元気かな。糖尿で死にかけて11kg痩せましたと言ったらびっくりするかな。

けいさん、コメントありがとうございました。食事と運動で血糖コントロールがんばります(^^)
Posted by いくみ at 2010年07月21日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156712300

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。