糖尿病体験談 このブログの目的

自分でできる郵送検診申込セット 糖尿病
病院に行く時間の無い方に

糖尿病は甘く見ると怖い。最初は5〜7年くらい何の症状も無いこともあるけど後から取り返しがつかないことになります。失明、人工透析、足の壊疽・壊死・切断、梗塞など。
そしてじわじわ苦しんで死ぬのです。でも糖尿病と言われてすぐに血糖コントロールしたら大丈夫な事も多いです。

2009年12月18日

低血糖が怖くてインスリンの量を減らす

8/26に入院した時より6kgほど痩せて脂肪が減ったのと、4ヶ月近く1日1600kcalの食事に減らされていたので膵臓が休んで回復したのかえらくインスリンの効きが良くなって指示単位を4、4、4、14から3、3、3、8にしてもらった。ちなみに11/までは8、10、4、16だった。

ちょっと近所のスーパーに5分歩いたり、西鉄高宮駅から福岡赤十字病院まで歩くのに2回くらい休憩をはさまないと手血糖の心配があったのでインスリンを減らしてもらって良かった。

ちなみに低血糖のはげしい状態でだれにも気づかれず7時間も放置されると植物人間になってとまうこともある。私の場合は低血糖になってもおかしいと自覚する程度にしか血糖値が下がらないけど、この先はどうなるか分からないので、私は糖尿病です・・・。と書いてある手帳の携帯を忘れないようにしよう。

低血糖対策のガムシロップと1単位80キロカロリーのビスケットは常に2セット持ち歩いているのでちょっとはいいかな。

でも、今日は家の中でこけたTT これは低血糖でなく起立性低血圧たったかも。
posted by いくみ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病体験談 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

退院してからの方がつらい

8/26に救急車で福岡赤十字病院に入院して、12/5になんとか退院できたけど、まだ5分も歩くと足が痛いしインスリンも打ち出したので頑張りすぎると低血糖になるし、買っていたフェレットもいなくて寂しい毎日です。

今週は月、水、金と外来で整形外科に通院し、火曜と木曜は区役所に行ったのでとっても疲れてます。

先生や看護師さんに顔色が悪いと言われたほどです。でも、今日は足を切らずに済んでよかったね、よくここまで治ったと言われて嬉しかった。

診察まで2時間15分待った疲れも多少取れました。月曜日はもっと早く行こう。それにしても相当激しいリハビリをしたのにまだまともに歩けないとは。まぁ、歩き出してまだ一ヶ月たってない位だけど。

10月末に退院した奥さんが、つい数日前にやっと松葉杖が取れた事を思うと私の回復はやっぱり早いのかな。一度衰えたものが回復するのにはすごく時間が掛かるらしい。

8/26から12/5まで入院していた時の話もぼちぼち書いていく予定です。
タグ:糖尿病 退院
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。